BUSINESS

法人のお客さまへ

企業の皆様の多様なニーズに合わせて、中期から長期までカバーする人材サービス、業務をまるごとアウトソーシングいただける業務委託・請負サービス等のサービスをご用意しております。

TEMPORARY STAFFING

人材サービス

 

中長期の人材ニーズに柔軟に対応

年間を通じた業務量の変化や、繁忙時期に合わせて人材を確保できます。専任コーディネーターが適性を見極めてマッチングする為、人件費を変動費化しつつ、同じ社員が継続就業することで生産性を向上させることができます。
※中長期人材サービスは最短3ヶ月以上からご利用いただけます。

FLOW

ご利用までの流れ

STEP 01

求人条件
のご相談

STEP 02

経歴書とお見積もり
の提示

STEP 03

ご契約

STEP 04

契約書類のご送付

STEP 05

就業

STEP 01 求人条件のご相談

 

STEP 02 経歴書とお見積もりの提示

 

STEP 03 ご契約

 

STEP 04 契約書類のご送付

 

STEP 05 就業

CONTRACT

業務委託・請負サービス

 

業務標準化を実現し余分なコストを削減

業務フロー構築から現場管理、シフト管理まで一括対応。
ひとつの業務、プロジェクトをまるごと委託いただくことで、労務管理、人材手配などの業務負荷が軽減され、同時に業務改善、余分なコストの削減と生産性の向上に貢献します。

FLOW

ご利用までの流れ

STEP 01

委託・請負
内容のご相談

STEP 02

詳細打合せ

STEP 03

ご契約

STEP 04

委託スキーム策定

STEP 05

サービス提供

STEP 01 委託・請負内容のご相談

 

STEP 02 詳細打合せ

 

STEP 03 ご契約

 

STEP 04 委託スキーム策定

 

STEP 05 サービス提供

FAQ

よくあるご質問

Q  長期派遣の契約要件は何になりますでしょうか?
A 雇用契約が31日以上の期間で、各週で概ね20時間以上の就労時間があるかという点が最大の要点になります。そのため、派遣契約においても同等の要件となります。
Q  紹介に比べて派遣のメリットはなんですか?
A 固定スタッフに決められたシフトで1カ月以上就業してほしい場合は派遣を選択することをお勧めしています。当社の雇用するスタッフを派遣しますので、雇用管理の手間がかかりません。
Q  紹介に比べて派遣のデメリットはなんですか?
A 曜日や週ごとに必要人数が変動する場合、期間が30日以内の場合は法律で派遣ができません。その場合は紹介サービスをご利用ください。代行サービスを組み合わせることで雇用管理の手間を当社が代行します。
Q  抵触日とはどのようなことを指すのでしょうか?
A 派遣サービスは「受け入れられる・利用できる」期間に制限がございます。その期限を超える最初の日のことを抵触日と申します。詳しくは営業担当にお問い合わせくださいませ。
Q  派遣法改正後、受け入れ期間にはどのような制限がありますか?
A 派遣先事業所単位、派遣労働者単位で期間の制限があります。

(1)派遣先事業所単位
同一の派遣先の事業所において、派遣労働者の受け入れを行うことができる期間は、原則3年となります。(3年を超えて受け入れようとする場合は、派遣先の過半数労働組合等への意見聴取を行う必要がございます。)
(2)派遣労働者個人単位
同一の派遣労働者を、派遣先事業所における同一組織単位「いわゆる「課」など」において受け入れることができる期間は3年が上限となります。
*例外対象(・無期雇用派遣労働者・60歳以上の労働者・日数限定業務・有期プロジェクト業務・産休育休・介護休業代替業務)については、上記2つの期間制限の対象外となります。